HOME > EAPとは

EAPとは | 株式会社フジEAPセンター

EAPとは

EAP(Employee Assistance Program)とは、
一般的に「従業員支援プログラム」と訳される企業・団体向けのカウンセリング・研修プログラムです。
フジEAPセンターでは「正しいEAPを普及させたい」との願いから、このたびホームページを全面リニューアル致しました。
以下ポイントをお伝えします。

「メンタルヘルス」から「メンタルヘルス」+「ピットイン」へ
  • EAPやカウンセリングと聞くとメンタルヘルスのイメージが強いという声をよく耳にします。確かに今後も大切なテーマの一つではありますが、それだけではなく、より多くの皆さまに本来のEAPの活用方法を知ってもらいたいと考え、この度「ピットイン(時には立ち止まって考えよう、自分のこと、未来のこと)」というコンセプトを打ち出しました。詳しくはピットインという新たな提案をご覧下さい。
何を目指しているのか
  • EAPは皆さまがお勤めの企業・団体から年間契約料をいただいて運営されています。 EAPが契約している企業・団体から期待されていることは、皆さまがイキイキとした前向きな気持ちで仕事に取り組む状態になるように個別の支援を行うということです。
  • しかしながら、ストレスや悩みがあると良い仕事ができない状態になりますから、いち早く脱するためにどうしたら良いかをEAPでは一緒に考えます。さらには目標が明確でなかったり、仕事の進め方が適切でないと成果が出ない場合もあります。そのような時にも解決策を共に考え、実行を支援していきます。
医療機関との違い
  • まず利用対象者が違います。メンタルクリニック等の医療機関は病気になった方が対象ですが、EAPでは健常者・半健常者も含めて利用できるサービスです。次にサービス提供の目的が違います。医療機関は病気を診断・治療して治すことが目的ですが、EAPでは上記の通り「前向きに仕事に取り組める状態になる」ことが目的となります。さらには話し合うテーマも、EAPでは「仕事に影響を与えるあらゆる問題」と定義しているため、 上司との人間関係・仕事の優先順位の付け方、コミュニケーション、キャリア目標の設定、気分のコントロール、夫婦間の関係改善、恋愛や結婚、子育て・介護など多岐に渡っています。
EAPのメリット
  • メリットは2つあります。1つ目はプライバシーが守られるという点です。利用したことや内容は会社に報告されない仕組みになっているため、安心感が違います。2つ目は 企業・団体契約のため個人負担はなく、家族(一親等の血族まで/成人に限る)も含めて無料で利用できるという点です。
EAPの効果
  • 普段から頭の中にあるモヤモヤしたものを実際に言葉に出して話すことで、考えや思いが明確になり、さあやるぞ!という気持ちになってくること等が最大の効果です。
  • 「今後すべきことがはっきりした」「仕事を見直す良い機会になった」「難しい問題だと思っていたが、糸口が見つかった」「将来についてじっくり考える時間がなかったので貴重だった」という声を多数いただいております。

SSL グローバルサインのサイトシール

株式会社フジEAPセンター 会員専用ホームページ
電話でのお問い合わせ 0120-855-874